庄子哲雄 未来科学技術共同研究センター、シニアリサーチ・フェロー(本学名誉教授)がUR Evans Awardを受賞しました

 庄子哲雄未来科学技術共同研究センター、シニアリサーチ・フェロー(本学名誉教授)が、UR Evans Awardを受賞しました。
 この賞は、イギリスのThe Institute of Corrosionより、腐食分野で国際的に卓越した研究成果を上げた研究者に毎年1名授与されるものです。

 庄子哲雄シニアリサーチ・フェローの業績は、力学、材料そして腐食が複雑に関与して生ずる環境助長割れ(応力腐食割れ、水素割れ、腐食疲労等の総称)の学理を追求すると共に、その理解に基づいた産業界の課題の解決に向けた研究であります。中核的拠点形成プログラム「複合環境下の破壊の物理化学と制御システム」や多くの国内及び国際産学共同研究を行ってきています。

 本UR Evans賞は、イギリスの腐食科学の分野で最も権威のある賞であり、英国王立協会のフェロー伝記回想録に「現代科学の父」として記載されているUlick Richardson Evans FRS(1889-1980)を記念して与えられるものです。授賞式は、ストラルクライド大学(英国、グラスゴー)で開催されたThe 60th Corrosion Science Symposiumの会期中、2019年8月28日に行われ、庄子シニアリサーチ・フェローは「Mechanics and Mechanisms of Stress Corrosion Cracking-Role of hydrogen as all-round player-」と題する受賞講演を行いました。

副賞として下記の刻印がなされた剣(美術刀)がThe Institute of Corrosionより授与されました。“Presented by The Institute of Corrosion, 2019 Tetsuo Shoji, For Outstanding Work in The Field of Corrosion” なお、英国より日本に持ち込むために刀剣類所持許可証の申請を行い、刀剣に名前や授賞理由等が記載されている事より風俗習慣上の理由で受賞者の手元においてよい許可が出たものです。

問い合わせ先

未来科学技術共同研究センター 渡邉研究室 電話 022-795-7517