公開ワークショップ「不要電波の広帯域化に対応した電波環境改善技術」のご案内

未来科学技術共同研究センター山口正洋教授がリーダーを務めるプロジェクトが7月13日(木)にワークショップを行います。
本ワークショップでは、不要電波の広帯域化の状況とそれに対応した電波環境改善技術の必要性を幅広く紹介します。また、移動端末受信部での不要電波の影響を抑制する技術、ノイズ発生源での高調波ノイズの発生と伝搬を抑制する技術、及びノイズ発生源の特定や対策による効果を定量的かつ高精度に測定・評価する技術について、総務省電波資源拡大のための研究開発「不要電波の広帯域化に対応した電波環境改善技術の研究開発」(代表:東北大学 山口正洋)の実施者が最新の研究開発成果を報告します。
材料デバイスから無線通信・インバータ機器、システムと評価技術、ならびに管理運用等まで、産学官が一堂に集い幅広く交流・意見交換を行うことにより、電波の有効利用の推進、本技術分野の進展、および学術的な新展開等が大きく期待されます。この貴重な機会にぜひ多数ご参加下さいますようご案内いたします。

[日時・場所]
日  時:2017年7月13日(木) 講演会13:00~17:30、情報意見交換会18:00~19:30
場  所:東北大学片平さくらホール
仙台市青葉区片平2-1-1東北大学片平キャンパス
http://www.bureau.tohoku.ac.jp/sakura/newpage1.html

[申し込み方法等]
参 加 費:講演会 無料、情報意見交換会:4,000円(学生2,000円)、当日現金払いのみ。
事前申込:①氏名、②所属機関部署名、③ワークショップ(出/欠)、④情報意見交換会(出/欠)、⑤電子メールアドレス、⑥電話番号を、7月3日(月)までに申し込みフォームをご利用いただくか下記宛ご連絡ください。
申し込みフォームはコチラをクリックしてください。
申込・問い合わせ先:東北大学未来科学技術共同研究センター
工藤礼子 E-mail assoc.ce@ecei.tohoku.ac.jp Tel. 022-795-4740

プログラム詳細は続きをご覧ください

12:30~    受付
13:00~13:15 ご挨拶
・総務省総合通信基盤局 電波部 電波環境課   電波利用環境専門官 関口 裕
・東北大学未来科学技術共同研究センター   センター長 長谷川史彦
13:15~14:00 基調講演Ⅰ
・NTT-R&Dにおける通信EMCへの取り組み
NTTネットワーク基盤技術研究所 秋山佳春
14:15~16:05 研究開発報告
・研究開発の概要 ~インバータ機器と電波環境~ 東北大NICHe 山口正洋
・受信回路用ノイズ抑制磁性材料 東北大NICHe 佐藤光晴
・ノイズ抑制シートによるインバータ機器のGHz帯までの放射ノイズ抑制 (株)トーキン 近藤幸一
・非侵襲光磁気プローブ 東北大通研 石山和志
・SiC・GaNパワーデバイスによるWPT共通テストベンチ 昭和飛行機工業(株)沖米田恭之
・スイッチング機器による不要電波と移動通信へのインパクト 東北大NICHe 田中 聡、神戸大 永田 真
16:20~17:05 基調講演Ⅱ
・(インバータノイズ関係) 首都大学東京 清水敏久
17:05~17:25 関連技術の動向
・磁気光学効果を用いた磁気計測技術 ネオアーク(株)目黒 栄
17:25~17:35 総括と閉会 京都大学 和田修己
18:00~19:30 情報意見交換会

主  催:東北大学未来科学技術共同研究センター(NICHe)
共  催:・IEEE EMC Society Sendai Chapter
・東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会H27/B05「無線通信端末性能への広帯域不要電波の影響評価法に関する研究」
協  賛:
・IEEE EMC Society Japan Joint Chapter
・IEEE Magnetics Society Sendai/Sapporo Joint Chapter
・IEEE Solid-State Circuits Society, Kansai Chapter
・電子情報通信学会EMCJ研究専門委員会
・電子情報通信学会集積回路研究専門委員会(ICD)
・電気学会マグネティックス技術委員会
・電気学会高周波磁性材料の実用化のための技術動向調査専門委員会
・東北大学未来科学技術共同研究センター次世代移動体システム研究会
・東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会H28/B10 「磁気光学効果を利用した磁界計測システム」
・東北大学電気通信研究所工学研究会EMC仙台ゼミナール
・東北大学電気通信研究所工学研究会スピニクス研究会
後援:総務省(手続中)

なお翌7月14日(金)、本ワークショップの磁性体技術と関係の深い電気学会マグネティックス研究会が、本ワークショップと同じ東北大学片平キャンパス内で開催されます。高周波磁性体とその実用化について、詳しくは以下のURLをご参照くださいますようご案内します。
https://workshop.iee.or.jp/sbtk/cgi-bin/sbtk-showprogram.cgi?workshopid=SBW00004E94